2006年02月11日

固定から携帯への通話料節約

 固定電話(一般加入電話)から携帯へ電話をかけるとき、普通に「090」「080」からダイヤルして3分間の通話をすると、相手がNTT DoCoMoなら73.5〜94.5円(税込)、auなら94.5〜126円(税込)が課金されてしまいます。

 この通話料をセーブするには携帯電話の番号をダイヤルする前に「0081」や「0033」などの番号をつけるのがもっとも手軽。これは東京電話やNTTコミュニケーションズなどの通信事業者が提供するサービスで、契約手続きナシでいきなり利用できる節約方法です。

続きを読む
| 資料編 |

2005年02月21日

秘書代行サービス関係

 秘書代行サービスとは文字通り貴方に代わって秘書業務を代行してくれるサービスです。最近は専用のソフトを導入したコンピュータや情報通信技術を応用した電子秘書システムを導入して豊富なサービスを提供する秘書代行会社が増えてきました。顧客からの電話取次ぎや伝言の転送・通知などはもはや基本サービスのひとつとして低廉に利用することができます。特に、営業へ出ている間は事務所が空になるような個人事業者にとっては大変ありがたいサービスです。

 但し、秘書代行サービスを利用する上で気をつけなければならない重要なポイントがあります。この平成17年4月1日には新たに個人情報保護法が施行され、5千人以上の顧客情報を取り扱う事業者については罰則付きで遵守すべき事項が明確に示されます。秘書代行サービスを含め、顧客情報の取り扱いを外部に委託する場合は守秘義務条項を明記した委託契約書を取り交わすなど、慎重な対応が必要になってきます。たとえ個人情報の取り扱い件数が5千人未満であっても民事上の損害賠償リスクは同法とは全く別の問題であるため、個人情報の漏洩防止など基礎的事項は日常的に取り組む必要があります。

関連>>個人情報保護法対策

>>秘書代行サービス提供会社リスト
| 資料編 |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。